TINAを使用した問題セットと割り当ての作成

TINAを使用した問題セットと割り当ての作成

次のチュートリアルでは、4つの問題とTINAのトレーニングモードと試験モードで使用するための問題セットの作成を順を追って説明します。

1 選択タイプ問題の作成

TINAを起動します。
TINAで問題セットを作成する、画像1
以下の回路を作成またはロードします(selection.sch)。
ViewメニューからTINAのExam Managerを起動してください。
TINAで問題セットを作成する、画像2

代替選択を追加するには、追加…ボタンを押してください。 選択エディタダイアログが表示されたら、希望のテキストを入力できます。 この選択が正しい答えである場合、「これは良い答えです」フィールドをチェックしてください。

TINAで問題セットを作成する、画像2

以前に入力した選択を編集するには、編集…ボタンを押してください。 同じエディタダイアログが表示されます。 以前に入力したソリューションを削除するには、それを強調表示して[削除]ボタンを押します。

3つの選択肢を追加すると、次の画面が表示されます。
TINAで問題セットを作成する、画像3
  • アドバイス(ヒント)管理パネルを使用することで、生徒にヒントを追加することで問題をよりよくすることができます。 ヒントを組み込んだ場合は、ヒントの使用にペナルティを課すことをお勧めします。 ペナルティ付きのヒントを求めることで、生徒は可能な最大得点の引き下げを受け入れます。 スコアとペナルティはどちらもパーセントで測定されます。
  • アドバイスマネージャの右上隅には、現在のアドバイスの数とアドバイスの総数が表示されます。 あなたは左右の矢印でアドバイスの間を移動できます。 アドバイスの順序は重要です。これが、生徒が試験管理でそれらにアクセスできる唯一の順序です。
  • アドバイスリストの最後に新しいアドバイスを追加するには、[Advisor]タブを選択してから[Add]ボタンを押します。 アドバイスエディタダイアログが表示されます。 あなたはアドバイスとペナルティ(パーセント)を入力することができます。
  • 現在のアドバイスの前に新しいアドバイスを挿入するには、[挿入]ボタンを押します。 アドバイスエディタダイアログが表示されます。
  • 現在のアドバイスを削除するには、[削除]ボタンを押します。
  • 現在のアドバイスを編集するには、編集ボタンを押します。
TINAで問題セットを作成する、画像4

最後に、selection.schファイルをTINAのメインフォルダーの下にあるTESTという事前定義フォルダーに保存します。

2. DC問題を作成する

以下の回路を作成またはロードします(DCproblem.sch)。
TINAで問題セットを作成する、画像5

回路には、値が検出される回路変数を示すためのCurrent Arrowが含まれています。 (電流計を使用することもできます。)一般に、すべてのDC問題には、未知の数量に対して1つの機器しかないはずです。 TINAのトレーニングおよび試験モードでは、回路内に配置された機器は測定値を表示せず、代わりに学生にその値を要求します。

問題にヒントを追加することができます(選択問題について前述したように)。 完了したら、TINAのTESTフォルダに保存します。

3 AC問題を作成する

ACの問題はDCの問題と非常によく似ていますが、もちろん正弦波の励起成分と無効成分が含まれます。 トレーニングおよび検査モードでは、プログラムは機器によって示された値の大きさと位相を尋ねます。 例として、以下に示すACproblem.schまたは同様の問題をTINAのTESTフォルダに作成またはロードします。

TINAで問題セットを作成する、画像6

4 トラブルシューティング問題の作成

以下の回路を作成またはロードし(DCtroubleshooting.sch)、[表示]メニューから[試験管理]を起動します。

TINAを使用した問題セットと割り当ての作成、画像7

リストボックス(上部に「Original」と表示されている)を使用して、試験マネージャの上部に回路の新しいバージョンを作成します。

既存のDCtroubleshoot.schファイルをロードしたばかりの場合は、バージョン#1がすでに存在していることに注意してください。

これで、バージョンリストボックスの下にある一番左のボタンを使って、どのコンポーネントにも障害を挿入できます。

  • ボタンを押すと、カーソルがドライバーの記号に変わります。
  • このカーソルを必要なコンポーネント(この例ではR1)の上に移動してクリックします。 コンポーネントのプロパティウィンドウが表示されます。
  • Fault行が表示されるまで、プロパティウィンドウを下にスクロールします。
  • この行の左側のフィールドをクリックしてください。 このリストで許可されている障害から選択できる小さなリストボックスが表示されます。 この例では、Open(開回路部品)を選択します。
TINAを使用した問題セットと割り当ての作成、画像8

プロパティボックスで[OK]をクリックします。 この回路に障害があります。 あなたは回路の他のバージョンを異なる欠陥で作り続けることができます。 TINAはこれらの代替バージョンをトレーニングモードと試験モードでランダムに表示します(ただし下記参照)。

最後に、試験マネージャの上部にあるリストボックスを使用して、元のバージョンに戻り、回路をTESTフォルダにDCtroubleshoot.schとして保存します。

5 TINAのトレーニングと試験モードのための問題セットの組み立て

TINAのTraining and Examinationモードで問題ファイルを使用するには、それらを問​​題セットに集めなければなりません。 トレーニングと検査モードでは、TINAは一度に1つの問題セットをロードします。 生徒はロードされたセットから問題を自由に選択して解決できます。

上記の4つの問題を新しい問題セットにまとめましょう。
TINAフォルダからタスクリストエディタを起動します。
TINAを使用した問題セットと割り当ての作成、画像9

以下のウィンドウが表示されます。

TINAを使用した問題セットと割り当ての作成、画像10

以下のウィンドウが表示されます。

[名前]フィールドのすぐ左にある[タスクの追加]ボタンを押します。 最初のタスクのデフォルト名が表示されます。

その名前をに変更します(問題セットが使用されている場合、左右の矢印は表示されません)。

「ファイル」フィールドの横にある「…」ボタンを押して「testselection.sch」を選択します。

問題の種類を選択に設定したままにします。

[選択]チェックボックスをオンのままにします。

最初のタスクを追加しました。

押す タスクを追加 ボタンをもう一度押します。

タスクの名前をDC Problemに変更して、ファイルtestDCproblemを選択します。

設定する タイプ 〜へ DC問題.

選択チェックボックスをオフにします。

タスクの名前をAC Problemに変更し、testACproblemにファイルを選択します。

タイプをAC問題に設定します。

選択チェックボックスをオフにします。

最後の問題、トラブルシューティングタイプの問題をこのセットに追加します。

タスクの追加ボタンをもう一度押します。

タスクの名前を「トラブルシューティング」に変更し、ファイルtestDCtroubleshootingを選択します。

TypeをTroubleshootingに設定します。

選択チェックボックスをオフにします。

他のトラブルシューティングパラメータを使用する:

フォルトはデフォルトで「ON」になっています。 コンポーネントに配置されたすべての障害は、TINAのトレーニングモードと検査モードで有効になります。

有効な障害がロックされました。 チェックした場合、生徒は障害を無効にできません。 チェックしない場合、生徒はAnalysis / Faults Enabledメニュー項目を使用してそれらを無効にすることができます。

回路不良: Randomを選択すると、プログラムは回路のバージョンから無作為に選択します。それ以外の場合は、回路のバージョン(例:バージョン番号1)を選択する必要があります。このバージョンはトレーニングモードと試験モードで使用されます。

回路編集: チェックすると、回路はトレーニングモードと検査モードで編集できます。

最後に、TINAのtestフォルダにtutorial.exaとして問題セットを保存します。


この問題セットを確認するには、TINAフォルダのTINAトレーニングまたはTINA試験アイコンを使用してTINAを再起動し、tutorial.exaをロードします。

問題セットが表示されます。 正確さを確認するために問題を調べてみましょう。


1)最初のタスクをダブルクリックすると、次の画面が表示されます。
TINAを使用した問題セットと割り当ての作成、画像11

代替ソリューションのリストから「アンプ」を選択して、送信ボタンを押します。

2)DC問題をダブルクリック。

結果の左側のフィールドに20またはVG / Rを入力し、右側のフィールドにAを入力して、送信を押します。

TINAを使用した問題セットと割り当ての作成、画像12

3)AC問題をダブルクリックします。

答えの大きさの部分を表すには、値フィールドに10を入力し、単位フィールドにAを選択または入力します。 回答のフェーズ部分を指定するには、適切なフェーズフィールドに-90とDegを入力します。 送信を押します。

4)「トラブルシューティング」の問題をダブルクリックしてください。

ドライバアイコンの付いたボタンの1つを押し、ドライバでR1の上に移動してクリックし、Submitを押します。

すべての問題を確認したので、[ファイル/終了]を選択し、[試験セッションの終了]ダイアログボックスで[はい]と答えます。

最後に、教師スーパーバイザープログラムを使ってあなたのパフォーマンスをチェックしましょう。


Teacher-Supervisorプログラムを使用すると、問題セットの解決を進める際にクラス全体をフォローできます。 ネットワーク環境におけるすべてのユーザーの問題解決の取り組みを監督することもできます。