アナログおよびデジタル通信システム

アナログおよびデジタル通信システム

電子書籍、アナログおよびデジタル通信システム

アナログおよびデジタル通信システム
マーティンS.ローデン著
5th電子版

この優れた本は、アナログとデジタルの通信システムの紹介で、アナログかデジタルかを問わず、あらゆる通信形態を統一​​する原則を強調しています。 この本は主題のすべての段階に数学的システムアプローチを取りますが、DesignSoftによって出版された本の電子版からマウスをクリックすることによって現在TINAで利用可能である現代の回路応用も扱っています。

目次

1。 前書き
プレビュー、1
1.1 コミュニケーションの必要性 - 歴史、2
1.2 環境、3

1.3 シグナルの種類、15
1.3.1 アナログ連続、15
1.3.2 アナログサンプリング、16
1.3.3 デジタル信号、16
1.4 通信システムの要素、17

1.5 サンプリング、19
1.5.1 サンプリングエラー、27
1.6 A / DおよびD / A変換、34
1.6.1 量子化器、37
1.7 シャノンのチャネル容量定理、49

問題、56

2 ベースバンド伝送
プレビュー、62
2.1 アナログベースバンド、63
2.2 離散ベースバンド、64
2.2.1 パルス振幅変調、64
2.2.2 時分割多重、69
2.2.3 シンボル間干渉とクロストーク、73
2.2.4 パルス幅変調、77
2.2.5 パルス位置変調、81
2.3 デジタルベースバンド、82
2.3.1 信号フォーマット、82
2.3.2 パルスコード変調(PCM)、95
2.3.3 M値ベースバンド、104
2.3.4 時分割多重、105
2.3.5 デルタ変調、106
2.3.6 その他のA / D変換技術、111
2.4 レシーバー、115
2.4.1 アナログベースバンド受信、116
2.4.2 離散ベースバンド受信、116
2.4.3 デジタルベースバンド受信、118
2.4.4シンボル間干渉の再検討、138
2.5 パフォーマンス、145
2.5.1 アナログベースバンド、145
2.5.2 離散ベースバンド、149
2.5.3 デジタルベースバンド、152
2.6アプリケーション、187
2.6.1 電話 - ローカルループ、187
2.6.2 閉回路テレビ、188
2.6.3 デジタルレコーディング - CD、194

問題、198

3 振幅変調
プレビュー、214
3.1 変調の概念、215
3.2 振幅変調、217
3.2.1 両側波帯抑制キャリア、217
3.2.2 両側波帯送信キャリア、223
3.2.3 片側波帯、230
3.2.4 残留側波帯(VSB)、231
3.2.5 ASKとMASK、233
3.3 モジュレーター、236
3.3.1 両側波帯、236
3.3.2 単側波帯変調器、247
3.3.3 残留側波帯(VSB)、250
3.3.4 デジタルASK変調器、251
3.4 復調器、253
3.4.1 コヒーレント復調、253
3.4.2 AMTC、264でのキャリア回復
3.4.3 インコヒーレント復調、266
3.4.4 IC変調器および復調器、275
3.5 パフォーマンス、276
3.5.1 コヒーレント検出、277
3.5.2 インコヒーレント検出、288
3.6 設計上の考慮事項、295
3.6.1 アナログ設計のトレードオフ、296
3.6.2 デジタルデザインのトレードオフ、297
3.6.3 デジタル通信設計要件、299
3.7 アプリケーション、302
3.7.1 ブロードキャストAM、302
3.7.2 テレビ、307
3.7.3 携帯電話、310

問題、313

4 周波数変調
プレビュー、327
4.1 周波数変調、328
4.1.1 瞬時周波数、328
4.1.2 狭帯域FM、330
4.1.3 広帯域FM、335
4.1.4 周波数シフトキーイング(FSK)、346
4.1.5 MFSK、349
4.2 モジュレーター、350
4.2.1 アナログ変調器、350
4.2.2 デジタル(FSK)変調器、354
4.3 復調器、356
4.3.1 アナログ復調器、356
4.3.2 デジタル復調器、367
4.4 パフォーマンス、369
4.4.1 アナログ、369
4.4.2 デジタル、378
4.5 アプリケーション、387
4.5.1 放送用FMおよびFMステレオ、387
4.5.2 モデム、391
4.5.3 デュアルトーンマルチ周波数(DTMF)ダイヤル、394
問題、395

5 位相変調
プレビュー、404
5.1 アナログ位相変調、404
5.1.1 狭帯域PM、405
5.1.2 広帯域PM、407
5.2 デジタル位相変調、412
5.2.1 PSK、412
5.2.2 MPSK、417
5.2.3 DPSK、421
5.3 モジュレーター、422
5.3.1 アナログ、422
5.3.2 デジタル、424
5.4 復調器、426
5.4.1 アナログ、426
5.4.2 デジタル、426
5.5 パフォーマンス、434
5.5.1 アナログ、434
5.5.2 デジタル、438
5.6 アプリケーション、446
5.6.1 モデム、446
問題、448

6 ハイブリッドシステム
プレビュー、455
6.1 アナログ、455
6.1.1 QAM、455
6.1.2 AMステレオ、458
6.2 デジタル、463
6.2.1 デザイントレードオフ、463
6.2.2 QAM、464
6.3 モデム、469

問題、470

付録A:フーリエ分析
A.1 フーリエ級数、471
A.2 フーリエ変換、474
A.3 特異点関数、477
A.4 畳み込み、482
A.4.1 解析の定理、485
A.5 フーリエ変換、486の特性
A.5.1 実数/虚数 - 偶数/奇数、486
A.5.2 タイムシフト、487
A.5.3 周波数シフト、488
A.5.4 直線性、488
A.5.5 変調定理、488
A.6 周期関数、489

付録B:線形システム
B. システム機能、1
B. フィルター、2
B. 理想的なローパスフィルタ、2.1
B. 理想的なバンドパスフィルター、2.2
B. 実用的なフィルター、3
B. ローパスフィルタ、3.1
B. バンドパスフィルター、3.2
B. アクティブフィルタ、4
B. 時間帯域幅積、5

付録C:確率とノイズ
C. 確率論の基本要素、1
C. 確率、1.1
C. 条件付き確率、1.2
C. ランダム変数、1.3
C. 確率密度関数、1.4
C. 期待値、1.5
C. ランダム変数1.6の機能
C. よく遭遇する密度関数、2
C. ガウス確率変数、2.1
C. レイリー密度関数、2.2
C. 指数確率変数、2.3
C. ライス密度関数、2.4
C. ランダムプロセス、3
C. ホワイトノイズ、4
C. 狭帯域ノイズ、5
C. マッチドフィルター、6

付録D:フーリエ変換の表、559

付録E:Q機能とエラー機能 561

付録F:シミュレーションソフトウェア 564

付録G:参考資料、 566