ユーザー定義加振エディタ

ユーザー定義加振(ARB)エディター

Jump to TINA Main Page & General Information 

TINAのインタプリタのもう1つの用途は、任意のアナログおよびデジタル波形(ARB)を定義することです。

インタプリタを使用すると、すべての標準算術関数を使用したり、変数や手続きを定義したり、回路部品のシンボリックパラメータ名を参照したりできます。

デジタル波形は、一連の時間とロジックレベルとして作成できます。 励起が定義された後、それは表示され、検証され、そして後で任意の回路で使用するためにディスクに保存されることができる。

これらのツールを信号エディタ、波形エディタ、および任意信号発生器(ARB)または波形発生器のシミュレーションに使用します。

励起エディタ、信号エディタ