フローチャートエディタとデバッガ

フローチャートエディタとデバッガ

Jump to TINA Main Page & General Information 

MCUアセンブリコードを書くことはしばしば困難で面倒な作業です。 手動コーディングの代わりにTINAのフローチャートエディタとデバッガを使用してシンボルとフロー制御ラインだけを使用してMCUコードを生成およびデバッグしてから、これを実行またはデバッグすると、ソフトウェア開発を簡素化でき、電子機器ハードウェアの設計時間が増えます。デジタルまたは混合回路環境でのコード。

フローチャートエディタ

次の例では、単純な回路に組み込まれたMCUを制御するためのフローチャートを示します。

フローチャートは、PIC16F73マイクロコントローラの2つのポートから読み取られる2つの数値を追加します。

制御フローチャートは次のようになります。

生成されたコードを見るには、 コード フローチャートウィンドウ上部のタブをクリックします。

フローチャートデバッガ

TINAはフローチャートからシミュレーションに必要なアセンブリコードを自動的に生成します。

TINAのフローチャートデバッガ機能を使用すると、以前に完成したフローチャートをテストおよびデバッグできます。

Runボタンを押すと、プログラムを連続して実行できます。

ステップフォワードボタンを押すことでステップバイステップで

または停止ボタンを押してプログラムを停止します。

デバッガは、背景色を黄色に設定することによってアクティブなフローチャートコンポーネントを表示します。

デバッガは、背景色を黄色に設定することによってアクティブなフローチャートコンポーネントを表示します。

デバッガの左上隅には、ソースの表示を確立する3つの重要なタブがあります。 を選択した場合 フローチャート タブを使用すると、フローチャートで表示およびデバッグできます。 を選択した場合 フローチャート+コード タブ、TINAはフローチャートとアセンブリコードの両方を表示します。

このビューでは、フローチャートとアセンブリコードの両方にブレークポイントを配置できます。 最後のモードを選択した場合 コード、従来のアセンブリ言語デバッグを使用してデバッグできます。

フローチャートとアセンブリコードを同期させ、コードを読みやすくするために、TINAは追加のラベルとコメントをコードに挿入します。 例えば:

フローチャートlabel2:; x < - PORTA

これらのラベルは、コードのパフォーマンスや運用ロジックを変更することはありません。

ブレークポイントは、ユーザー指定のポイントでコードの実行を停止するために使用され、レジスタやパラメータを調べることができます。 TINAはブレークポイントを挿入したり削除したりするいくつかの方法を提供します。

混合モードの例

TINAのフローチャートプログラミングの最も便利な機能の1つは、フローチャートでプログラムされたMCUを含むデバッグ回路の動作をアナログ - デジタル混在環境でテストできることです。

TINAに含まれている次の回路は、TINAの対話モードで実行およびデバッグできるモーターコントローラーです。