対話型シミュレーションモード

対話型シミュレーションモード

Jump to TINA Main Page & General Information 

あなたの回路の究極のテストは、そのインタラクティブなコントロール(キーパッドやスイッチなど)を使って、そのディスプレイや他のインジケーターを見ながら「現実の」状況でそれを試すことです。 TINAの対話型シミュレータモードを使用してこのようなテストを実行できます。 コントロールを操作できるだけでなく、分析の進行中にコンポーネントの値を変更したり、コンポーネントを追加または削除したりすることもできます。

対話型回路シミュレーションモードは、教育用やデモンストレーション用、対話式に回路を調整するため、および他の方法ではテストできない対話型回路、たとえばスイッチ、リレー、またはマイクロコントローラ付きの回路にも非常に役立ちます。 TINAには、光、動き、音で反応する特殊なマルチメディアコンポーネント(電球、モーター、LED、スイッチなど)があります。

必要なインタラクティブモード(DC、AC、TR、DIGまたはVHDL)を選択します。 ボタン。 を押す ボタン。

現在のモード選択はボタンに表示されます。 TINAのInteractiveメニューのコマンドで必要なインタラクティブモードを選択することもできます。

いくつか例を見てみましょう。 すべての例はTINAのデモ版で動作します。

キーパッド付きデジタル回路(DIGモード)

キーパッド付きデジタル回路
キーパッド付きデジタル回路
(examplesMULTIMEDDISPKEY.TSC)

7セグメント表示がキーパッドの設定を反映しているので、キーパッドで遊んで見ることができます。 あなたのPCにサウンドカードがあれば、あなたもパッドのキークリックを聞くでしょう。

サイリスタ付ライトスイッチ(DCモード)

ExamplesフォルダからThyristor switch.TSC回路を開き、 ボタン。 次のような画面が表示されます。


Light Switch with Thyristor (EXAMPLESThyristor switch.TSC)

Aキーを押すか、[On]プッシュボタンをクリックしてランプを点灯させます(カーソルが垂直矢印に変わる場所をクリックする必要があります)。 サイリスタと電球は、押しボタンを離しても点灯し続けます。 キーボードのSキーを押すか、Sプッシュボタンをクリックすると、サイリスタと電球をオフにすることができます。 2つの電流計は回路の両方の状態の電流を示します。

ラダーロジックネットワーク(DCモード)

自己保持回路(ラッチとも呼ばれる)回路は、ExamplesMULTIMEDフォルダのLADDERL.TSC回路ファイルのラダーロジックによって実現されます。

最初は赤いLEDが点灯します。
STARTボタンをクリックします(カーソルが垂直方向の矢印に変わったらクリックします)。 OCR1を流れる電流がCRリレーコイルを励磁し続けるため、OCR1は閉じて閉じたままになります。
その結果、緑色のLEDが点灯します。 OCR2が開き、赤いLEDが消灯します。
STOPボタンをクリックすると、自己保持回路が切断されてCRリレーが解除され、赤いLEDが再び点灯し、緑色のLEDが消灯します。

カーソルが手の形に変わったら、ダブルクリックしてホットキーを割り当てることもできます。 ホットキーを割り当てるには、プッシュボタンのプロパティダイアログの[ホットキー]フィールドのリストから文字または数字を選択します。


ラダーロジック:初期状態またはSTOPボタンをクリックした後。

STARTボタンをクリックした後の状態

VHDL回路(VHDモード)

TINAの優れた機能は、VHDLコード自体も含めて、その場でVHDL回線をテストできるだけでなく修正もできることです。 これをTINAのExamples / VHDL / InteractiveフォルダにあるCalculator_ex.TSCの例を通して見てみましょう。


VHDL計算機

これは、Opcodeキーパッドによって制御される特別な計算機回路です。 演算コード1、2、3、および4は、算術演算+、 - 、/、および*を使用した基本的な4関数計算機を実装しています。 コントロールユニット内のVHDLコードを変更することで、さらに操作を追加できます。 最初に オペコードは1なので、LCDディスプレイに4 + 2 = 6と表示されます。 KeyPad1とKeyPad2の設定を変えて他のオペコードを試してください。

それでは、オペコード5に割り当てる平均操作を実装しましょう。 コントロールボックスをダブルクリックしてEnter Macroを押します。 コンポーネントのVHDLコードが表示されます。

実際の計算は、VHDLコードの最後にあるCASEステートメントで行われます。 このようにコードを修正しましょう。

CASE  c1  IS
WHEN 1 => o1 := a1 + b1;
WHEN 2 => o1 := a1 - b1;
WHEN 3 => o1 := a1 / b1;
WHEN 4 => o1 := a1 * b1;
WHEN 5 => o1 := (a1 + b1)/2;
WHEN OTHERS => o1 := 0;
END CASE;

VHDLエディタウィンドウを閉じて ボタン。 Opcodeキーパッドで5を設定すると、LCDディスプレイにKeyPad1とKeyPad2設定の平均が表示されます。


オペコード= 2の場合の平均(a + b)/ 5計算

マイクロコントローラ(MCU)回路