TINACloudにおける対話型回路シミュレーション

Jump to TINA Main Page & General Information 

対話型回路シミュレーションモードは、教育目的やデモンストレーション目的、および対話形式で回路を調整する目的で非常に役立ちます。 また、スイッチ、リレー、マイクロコントローラなどの回路のように、ソフトウェアではテストできない対話型の回路にも避けられません。 TINAとTINACloudには、光、動き、音で反応する特別なマルチメディアコンポーネント(電球、モーター、LED、スイッチなど)があります。

TINACloudの対話型回路シミュレーションモードは、ここで説明されているTINAのオフライン版の同じモードと非常によく似ています。 https://www.tina.com/interactive-mode/

いくつか例を見てみましょう。 すべての例はTINAとTINACloudのデモ版で動作します。

キーパッド付きデジタル回路

TINACloudでこの回路をオンラインで走らせるために絵をクリックしなさい

キーパッドで遊んで、7セグメント表示がキーパッドの設定を反映しているのを見ます。

サイリスタ付き光スイッチ

ExamplesフォルダからThyristor switch.TSC回路を開くか、または下の図をクリックしてからDCボタンを押します。 次のような画面が表示されます。

TINACloudでこの回路をオンラインで走らせるために絵をクリックしなさい

Onプッシュボタンをクリックしてライトをオンにします(カーソルが垂直の矢印に変わる場所をクリックする必要があります)。 サイリスタと電球は、押しボタンを離しても点灯し続けます。 Sプッシュボタンをクリックすると、サイリスタと電球を消すことができます。

ラダーロジックネットワーク

最初は赤いLEDが点灯します。
STARTボタンをクリックします(カーソルが垂直方向の矢印に変わったらクリックします)。 OCR1を流れる電流がCRリレーコイルを励磁し続けるため、OCR1は閉じて閉じたままになります。
その結果、緑色のLEDが点灯します。 OCR2が開き、赤いLEDが消灯します。
STOPボタンをクリックすると、自己保持回路が切断されてCRリレーが解除され、赤いLEDが再び点灯し、緑色のLEDが消灯します。

ラダーロジック

TINACloudでオンラインでサーキットを走らせるために絵をクリックしなさい