LabXplorer

LabXplorer

ローカルおよびリモート測定機能を備えた教育およびトレーニング用の多機能機器

LabXplorer デスクトップ、ラップトップ、タブレットまたはスマートフォンを、さまざまなアプリケーション用の強力な多機能テストおよび測定機器に変えます。 楽器は、あなたが必要とするものは何でも、あなたの指先にあります。 LabXplorerは、マルチメータ、オシロスコープ、スペクトラムアナライザ、ロジックアナライザ、プログラム可能なアナログおよびデジタル信号発生器、インピーダンスアナライザを提供し、受動電子部品および半導体デバイスの特性も測定します。

TINA LabXplorer多機能PC機器
リアルタイムロジックアナライザ
シグナルエディタ

LabXplorerには、DCから50MHzの帯域幅、10 / 12のビット分解能、デュアルチャンネルデジタルストレージオシロスコープが含まれています。 その高度な等価時間サンプリング技術によるものです。

シングルショットモードでのサンプリングレートは4 MS / sですが、LabXplorerは最大20GS / sの同等のサンプリングレートで任意の繰り返し信号を取得できます。
フルスケール入力範囲は±80Vで、5mVから20V / divの範囲です。

関数発生器

合成されたファンクションジェネレータは、DCから4MHzまでの正弦波、方形波、ランプ波、三角波、および任意波形を対数および線形掃引、および最大10Vのピークトゥピークまでの変調で提供します。 任意波形は、TINAのインタプリタの使いやすい言語を使用してプログラムすることができます。

ファンクションジェネレータと連動して自動的に動作するシグナルアナライザは、ボード線図と位相図、ナイキスト図を測定して表示し、スペクトラムアナライザとしても機能します。

デジタル信号発生器およびロジックアナライザ

ハイテクデジタル信号発生器およびロジックアナライザ機器用のデジタルI / Oは、最大16MHzの高速40チャンネルデジタルテストを可能にします。

LabXplorerのマルチメータ

LabXplorerのMultimeterは、DCモードでは10mVから100Vまで、ACでは10mVから20Vrmsまでの範囲の電圧測定を可能にします。 電流範囲は1mAから1Aまでです。 10Ωから10MΩまでの範囲でDC抵抗を測定することもできます。

インピーダンスおよび半導体デバイスアナライザ

インピーダンスおよび半導体デバイスアナライザは、受動電子部品の抵抗、静電容量、インダクタンス、および半導体の主な特性を測定します。 アナライザは、被試験デバイスの最大50mA / 10Vピークまでの電流/電圧測定を可能にします。

DesignSoftの人気のある回路シミュレーションプログラムであるTINAとTINACloudでLabXplorerを使用すると、同じ統合環境でローカルまたはリモートのリアルタイム測定で回路設計とシミュレーションを補完することができます。 これはトラブルシューティングのための非常に貴重なツールを提供し、シミュレートされた結果と測定された結果を比較することによってあなたのデザインを活気づけます。

実験モジュール

また、エクスペリメンターモジュールをLabXplorerの前面スロットに接続して、実質的にあらゆる範囲のアナログおよびデジタル電子機器のシミュレーション、測定、およびトラブルシューティングを行うこともできます。