ノイズ解析

ノイズ解析

Jump to TINA Main Page & General Information 

TINAでは、2つのノイズ解析モデルがあります。

  • 小信号ACノイズ解析
  • 過渡ノイズ解析

小信号ACノイズ解析

この解析モードでは、TINAは回路部品のノイズ寄与を計算し、周波数ドメインで出力を基準にしてそれらを表示します。

ランダムノイズの変動は、分散と二乗和がゼロではないときに、時間領域の平均をゼロと見なして統計的に分析されます。

ノイズ解析の結果は、AC解析のボード線図と同様の周波数範囲で表示および印刷できます。

過渡ノイズ解析

ノイズ効果は通常TINAでも利用可能な線形ACノイズ解析でシミュレートされます。 しかし、ノイズが非線形にシステムの動作に影響を与える場合、線形ノイズ解析はもはや満足のいくものではなく、過渡ノイズ解析、つまり時間領域でのシミュレーションが必要です。

いくつかの例があります:

発振回路のノイズ解析

ディジタル回路における雑音効果の解析

雑音のある入力信号を含む回路の解析

信号対雑音比が低いシステムの解析

TINAの電圧および電流発生器には、パラメータ化可能なホワイトノイズ信号が含まれています。また、TINAアプリケーションのNoise Analysisフォルダには、他の一般的なノイズ信号を生成するための回路もあります

ノイズ解析、緩和振動子ノイズ