11 複数の入力間の結合

複数の入力間の結合
複数の入力信号がオペアンプの反転入力または非反転入力のいずれかに接続されている場合、入力間の結合が発生する可能性があります。 9.47つのチャネルの変動により、隣接するチャネルに不要な入力が生成される可能性があるため、これはしばしば厄介な問題です。 図XNUMX(a)のデュアル入力、非反転オペアンプについて考えてみます。ここで、各チャネルは、ソース抵抗(電圧ソースの内部抵抗)と直列の電圧ソースで駆動されます。
多入力間のカップリング、オペアンプ、オペアンプ、回路シミュレーション

図47–複数の入力間の結合

理想的な電源電圧 v1 および v2直列抵抗がある、 r1 および r2 それぞれ。 実効電圧の方程式を書くことから始めます。 v '1 および v '2、加算アンプに。 我々はゼロ電流がオペアンプに入ると仮定する。 あり v2 図47(b)に示すように、オペアンプへの電圧 v '2であり、

(98)

日時 v1 = 0、 v '1 電圧は[図47(c)を参照]です。

(99)

ていることに注意してください v '2 電圧はから来る v1v '1 電圧はから来る v2。 このカップリング効果は望ましくない クロストーク 2つの入力間 次のようにシステムを設計することでこの影響を排除することができます。 r1 および r2 ゼロに近づいています。 したがって、結合を排除するために、各非反転複数入力は、ゼロ(または非常に低い)出力インピーダンスを持つオペアンプで駆動する必要があります。