9 微分合計

微分合計

図40 - 微分合計

オペアンプは、複数の入力の加重和である出力を生成するように構成できることがわかりました。 合計に正負両方の符号が含まれる場合、Differential Summing 結果。
図40のオペアンプ構成は、出力電圧を生成します。 vでる、 によって与えられた

(90)

where

(91)

以下のように、バイアスバランスを達成するために抵抗を選択します。

(92)

各反転入力の入力抵抗 vjであり、 Rj.

反転端子と非反転端子の入力がそれぞれ1つだけの場合、結果は 差動アンプ これを図41に示します。

差動アンプ

図41 - 差動アンプ

この構成の出力電圧は

(93)

RA = Raであることに注意してください[式91]。 バイアスバランスを達成するために、私達は選びます

(94)

の入力抵抗 va 端末は RA。 の入力抵抗 v1 端末は ここで、 Rin 式(56)から次のようになります。

(95)

その後 Rin(で V1)はおおよそ R1+R2. Rでる 式(52)にあり、に等しい

(96)

単位利得差を実現するには、出力は次のようになります。 vでる = v1 - va 我々はセット RA = RF = R1 = Rx. 741オペアンプを使用する場合、これら4つの抵抗の標準値は10kΩです。

への入力抵抗 vでる 10はkΩであり、 v1 終端抵抗は20kΩです。

等利得差が望ましいが利得が1である必要はないと仮定する。 次に設定します R1 = RA そして Rx = RF。 出力電圧は

(97)

への入力抵抗 va 端末は そして、非反転端子に入ると、 RA + RF から Rin >> RF。 入力抵抗の値 Rでる 式(95)と(96)を使用して簡単に決定されます。

図41の差動アンプ構成の有用な修正は、 サインスイッチャー 図42に示すように。

サインスイッチャー

図42 - サインスイッチャー

スイッチを図42(a)に示す位置にして、 vでる = - vin反対側のスイッチ位置の場合 vでる = 2vin - vin = vin。 入力抵抗は各位置で10kΩで、バイアスは各位置でバランスが取れています。 図42(a)は単極双投スイッチを示しています。 符号切り替えは、図42(b)に示すように単投スイッチでも実現できます。 ただし、この実装では、バイアス抵抗と入力抵抗は2つのスイッチ位置で等しくありません。

次の出力を持つ多入力741アンプの各入力の出力抵抗と入力抵抗を求めます。

+端子と - 端子の抵抗値は10kΩとします。

溶液: より大きいの使用 X と(Y+ 1)は、決定するための倍率を求めます。 RF.

、その後、

回路を図43に示します。

図43回路例