応力解析

応力解析

Jump to TINA Main Page & General Information 

ストレス解析では、最大消費電力、最大電圧および電流制限などのストレス条件について部品をチェックできます。

これらのパラメータは、部品のプロパティウィンドウまたはカタログで設定できます。

この種の分析は、過負荷部品が煙を放出することが多いため、煙分析とも呼ばれます。

[解析]メニューの[応力解析有効]チェックボックスをオンにして、応力解析を実行することもできます。 オプションダイアログまたは解析メニュー。

[解析]メニューから[DC]または[過渡解析]を実行すると、最大限度を超えたパラメータとともにコンポーネントのリストが表示されます。

リスト内のコンポーネントをクリックすると、スケマティックダイアグラム上の対応するコンポーネントが選択されて赤に変わります。

コンポーネントの最大値は、コンポーネントのプロパティダイアログまたはコンポーネントカタログのパラメータダイアログで設定できます。 両方ともコンポーネントをダブルクリックして入力できます。

解析を実行する前に、回路内のコンポーネントの最大値を確認して設定してください。
応力解析