記号解析

記号解析

Jump to TINA Main Page & General Information 

記号解析は、伝達関数、等価抵抗、インピーダンス、またはアナログ線形ネットワークの応答の閉形式表現を生成します。

DCおよびAC解析モードでは、TINAは数式を完全記号形式または半記号形式で派生させます。 過渡解析では、応答は時間の関数として決定されます。 回路変数は、シンボル名としても、コンポーネントごとの値でも参照できます。 記号解析を通して、線形回路の極と零点を計算しプロットすることができます。

印刷したり、表現をコピーして任意のWindowsプログラムに貼り付けることで、レポートや紙のプレゼンテーションを効率的に作成できます。