TINALab II

TINALab II

高速多機能PC機器

TINALab IIを使用すると、ラップトップまたはデスクトップコンピュータを強力な多機能テストおよび測定機器に変えることができます。 マルチメータ、オシロスコープ、スペクトラムアナライザ、ロジックアナライザ、任意波形発生器、デジタル信号発生器のいずれの機器が必要ですが、マウスをクリックするだけですぐに使用できます。 さらにTINALab IIは TINA回路シミュレーションプログラム 回路開発、トラブルシューティング、アナログおよびデジタルエレクトロニクスの研究のためのユニークなツールとしてのシミュレーションと測定の比較。


TINALab II高速多機能PC機器
詳しくは

TINALab IIには、DCから50MHzの帯域幅、10 / 12のビット分解能、デュアルチャンネルデジタルストレージオシロスコープが含まれています。 その高度な等価時間サンプリング技術により、
TINALabは最大4GS / s相当のサンプリングレートで任意の繰り返し信号を取得できますが、シングルショットモードではサンプリングレートは20 MS / sです。 フルスケール入力範囲は±400Vで、5mVから100V / divの範囲です。

関数発生器

合成されたファンクションジェネレータは、DCから4MHzまでの正弦波、方形波、ランプ波、三角波、および任意波形を対数および線形掃引、および最大10Vのピークトゥピークまでの変調で提供します。 任意波形は、TINAのインタプリタの使いやすい言語を使用してプログラムすることができます。 ファンクションジェネレータと連動して自動的に動作するシグナルアナライザは、ボード線図と位相図、ナイキスト図を測定して表示し、スペクトラムアナライザとしても機能します。

デジタル信号発生器、ロジックアナライザ、マルチメータ、実験モジュール

ハイテクデジタル信号発生器およびロジックアナライザ機器用のデジタルI / Oは、最大16MHzの高速40チャンネルデジタルテストを可能にします。

TINALab II用のオプションのマルチメータは、1mVから400Vまでと100 µAから2Aまでの範囲のDC / AC測定を可能にします。

1Ωから10MΩまでの範囲でDC抵抗を測定することもできます。

TINAでTINALab IIを使用すると、同じ統合環境で回路シミュレーションとリアルタイム測定を行うことができます。 これはトラブルシューティングのための非常に貴重なツールを提供し、シミュレートされた結果と測定された結果を比較することによってあなたのデザインを活気づけます。

また、ExperimenterモジュールをTINALab IIの前面のスロットに差し込むことで、アナログおよびデジタル電子機器のほぼ全範囲をシミュレート、測定、およびトラブルシューティングすることができます。

リアルタイムストレージオシロスコープ

あなたの回路の実際の時間応答を観察してください。 関数発生器に波形、振幅、および周波数を設定し、テスト回路を駆動して、シミュレーション回路の仮想応答とともにリアルタイム応答を確認します。

リアルタイムシグナルアナライザ

回路の周波数応答をリアルタイムで測定します。 TINALabのFunction Generatorは、実際の掃引正弦波信号を生成し、応答を捕捉してシグナルアナライザに表示します。ここで仮想(シミュレート)測定値と比較できます。

リアルタイムロジックアナライザ

デジタル信号発生器を使用してロジック回路のテスト信号を設定し、ロジックアナライザで8チャンネルのリアルタイムデジタル応答を確認します。