新着情報

新着情報

TINA v12:

v12 12月12、2018

TINAとTINACloudとは何ですか?

TINA v12とTINACloud v2の新機能ビデオ

  • 32ビット版および64ビット版
  • 消費電力と効率の計算
  • IBISモデルのインポートと解析
  • ダイアグラムウィンドウでの統合カーソル表示
  • 過渡ダイアグラムのすべての曲線に対するカーソル表示
  • 構文の強調表示 Spice とHDLエディタ
  • HDLライブラリのコンパイルと管理
  • グローバルパラメータステッピング
  • 拡張RFコンポーネント挿入ダイアログ
  • Sパラメータウィザード
  • Spice 制御コマンドエディタ(.AC、.DC、.NOISE、.TRAN)
  • Pのサポート強化Spice デジタルブロックのフォーマット
  • ランニング Spice コマンドラインからのシミュレーション(ネットリストフォーマット用の外部ツール)
  • コマンドラインからTINAを実行する(.TSC形式)
  • バーチャルインストゥルメントの最後の設定を保存
  • ダイアグラムウィンドウでの出力の自動分離のための制御
収束性の向上
  • 自動収束(システムまたはユーザー定義の異なるパラメータセットによる収束問題の自動解決)
  • 動作計算が失敗した場合のゼロ初期電圧による過渡シミュレーション
新しいデバイスモデル
  • 新しいデルタシグマADCデバイス
  • BSIM3V3.2モデル
  • GaAsデバイス
  • GaNデバイス
アドバンストMCUのサポート
  • 新しい500 MCU以上、合計1400 MCU
  • PIC16マイクロコントローラ(222デバイス)
  • STM32 F4、F7マイクロコントローラのサポート(227デバイス)
  • PIC18、PIC32 CANインターフェースのサポート
  • Texas Instruments Tiva CシリーズTM4C123x Cortex-M4マイクロコントローラサポート(51デバイス)
  • MCP23S17 I / Oエキスパンダのサポート
  • Texas Instruments Sitara AM3358プロセッサのサポート
  • シリアル通信を監視するためのシリアルモニタウィンドウ
その他の新機能
  • 部品の標準値に対するインタプリタ機能(Eシリーズ)
  • DC伝達計算の入力としてグローバルパラメータを設定
  • デザインツールの入力パラメータにコメントを追加する
  • ホットキーエディタ - カスタムホットキーを定義する
  • シミュレーションが中止された場合、過渡シミュレーションの結果の一部を表示
  • 高度な分析制御リンク
PCB設計
  • バス接続
  • 伝送線路設計(差動ペア)
  • ブロックの繰り返し(マクロブロックコピー)
TINACloud
  • メインウィンドウのスケマティックエディタ
  • 回路の変更を即座に保存
  • バーチャルインストゥルメント
  • 高度な分析制御リンク
  • PCB設計

TINA v11:

v11.2 12月15、2017
  • ステレオ再生機能付きDクラスアンプ
  • 拡張Arduinoライブラリとアプリケーション例(メガ、マイクロ、ミニ、ナノ、ウノ)
  • 124 +の新しいAVR MCUモデル
  • Atmel Studio Cコンパイラの統合
  • 新しいシグマデルタコンバータ
  • モノのインターネット(IoT)インターフェースと例
  • 2-Line LCDディスプレイ
  • の拡張応力解析 spice マクロ
  • 曲線の特定部分に対するリップル計算
  • CSDFファイル形式(Common Simulation Data Format)でのダイアグラムのエクスポート
  • 簡単に使える新しいホットキー
  • インタプリタによるグローバルパラメータの変更
  • スケマティックシンボルエディタで元に戻す

TINA v11.2ニュースビデオ

v11.1 5月05、2017
  • 強化されたArduinoのサポート
  • スケマティックシンボルエディタで元に戻す/やり直し
  • 多重解析モードのベクトル図(軌跡図)
  • マイナー spice 構文拡張
  • 新しいデルタシグマADコンバータ
  • New Infineon RFトランジスタ
v11.0 12月09、2016
  • パワーエレクトロニクス機器を含む8,000 +新部品
  • SystemCのサポート
  • SystemCでデジタルフィルターを作成してTINAで実行する
  • SystemCのMCUをTINAに追加
  • 工業デザインのInfineonデザインフォルダー
  • 産業用電源、照明、モーター制御アプリケーション回路
  • XMCマイクロコントローラとその応用回路
  • 無料のXMCコード生成プラットフォームDAVEのサポート。
  • 効率メーター、平均値メーター、頻度メーター
  • 分析制御リンク
  • 高度なマクロ編集
  • SARおよびシグマデルタADC
  • SPI付きDAC
  • I2C、SPIバスシミュレーション
  • PMバス、SMバスのシミュレーションとモニタ
  • 過渡ノイズ解析
  • 過渡ノイズ発生器
  • ポップアップテキスト
  • BSIM4モデル
  • マイクロチップXC8コンパイラサポート
  • MATRIX FLOWCODE 7のサポート
  • Arduinoのサポート
  • スマートワイヤ
  • 強化されたI / O割り当て
  • フーリエスペクトルの後処理
  • CSD形式でのダイアグラムのエクスポート(共通シミュレーションデータファイル)
  • 回路と共に保存された高度な「ダイアグラム設定を記憶する」オプション

PCB設計

  • 業界標準フォーマットの3Dエンクロージャーモデルでのインポート
  • 3DのエンクロージャによるPCB設計の可視化
  • 業界標準フォーマットのエンクロージャー付きPCBのエクスポート
  • 3Dプリンターのサポート
  • 業界標準フォーマットの2Dおよび3Dでフットプリントをインポートする

TINA v10:

v10.2 12月08、2015
  • Windows 10との互換性
  • ポップアップテキスト
  • スケマティックエディタおよびダイアグラムウィンドウのコンテンツをpngおよびgif形式でエクスポート
  • スケマティックエディタでのGIFおよびPNG画像のインポート
  • 新しい温度ステッピングモード:対数とリスト
  • Sパラメータデバイスへのs1p / s2pファイルの直接ロード(1および2ポート)
  • 端末のデフォルトの順序は、新規マクロウィザードダイアログオートシェイプモードで変更できます。
  • タッチスクリーン用の回路図エディタでのパンとズームのサポート

ダイアグラムウィンドウ

  • ダイアグラム設定の永続性が向上しました。 「Options.Re Diagram diagram settings」が設定されている場合、ダイアグラムは最後の軸設定を「記憶」します。
  • 新しい多段階「縮小」機能
  • Shiftキーを押しながらスクロールアップ/ダウンボタンをクリックすることで、表示されている分離曲線の数を変更できるようになりました

PCB設計

  • 高度なDRC分離パラメータ
  • 銅形状の個別絶縁設定とZオーダー
v10.1 30 1月05、2015
  • 新しいマクロウィザードの新しいページでは、オートシェイプモードが選択されている場合にデフォルトの名前やピンの位置を変更できます。 Spice マクロ
  • 新しい解析モード:バッチシミュレーション(Analysis.Batch Simulation…)
  • aの属性では(数字だけではなく)関数がサポートされています。 Spice TABLE関数(例:TABLE内のTABLE)、新しい spice 機能:フロア、セル、ステート
  • 圧縮TSCファイルを保存するためのオプション(View.Options…)
  • DC伝達特性モードの入れ子掃引オプション
  • Spice Verilog Aデザインのモデルサポート
v10.0.50 6月23、2014
  • より高速なMCUシミュレーション、遅延のリアルタイムシミュレーション
  • Verilog-AMS:デジタル関連のアナログイベント
  • フーリエ解析における新しいフォーマット:D * cos(kwt + fi)
  • TINAはMとMEGの両方をメガ(1e6)として受け入れますが、メガは常にMEGとして表示されます(Spice)
  • マクロウィザード:自動生成された形状で設定可能なピンの順序と名前
  • View.Optionsの設定に従って、マウスホイールでズームまたはスクロールします。
  • HDLエディタの新機能
v10.0.40 2月13 2014
  • クラシック、教育版のグローバルパラメータ
  • フーリエスペクトルダイアログに基準電圧を追加
  • hex / lstデバッガにMicroBasicのlstファイル処理サポートを追加
v10.0.00 12月02、2013
  • Windows 8との互換性
  • 多言語機能、ライセンス言語の即時言語変更
  • 回路図とメカトロニクスのプレビューでプロジェクトファイルを開く
  • Edifのインポート
  • グローバル Spice 変数
  • TINACloudとの統合、ファイルのアップロードとダウンロード
  • オプションのメカトロニクス拡張
  • KLU - 大規模または特殊回路での高速線形ソルバーと優れた収束
  • VHDLおよびVerilogシミュレーションの強化および高速化は、v10よりも9x倍高速
  • デジタルおよび混在モードでのザイリンクスsimprimシミュレーション
  • ベリログA
  • Verilog AMS
  • MCU Cは8051、AVR、PIC16、PIC18、PIC32、ARMでコンパイル
  • ARM MCUでのLinuxシミュレーション
  • PSpice 互換AD-DAインターフェース
  • オシロスコープはインタラクティブモードと連携
  • 周波数と波形パラメータはカーソルで表示されます
  • ACおよび過渡解析へのホットキー
  • Processメニューに追加されたCursor MaxおよびMin関数

TINACloudによるオンラインアクセス:

  • これで、PC、Mac、シンクライアント、タブレット、さらには多くのスマートフォン、スマートテレビ、電子書籍リーダーでも回路シミュレーション設計をオンラインで実行できます。 TINACloudは、オフィス、教室、自宅、そして世界中どこでもインターネットにアクセスできる場所で使用できます。
  • オフライン版と同じ拡張半導体およびICカタログ
  • 強化された配線ツールを備えた最新の回路図エディタ
  • 期間限定で、TINAのすべての新しいライセンスを含むTINACloudの特別バンドルを提供しています。

TINA v9.3 5月、2010

  • Windows 7と8の両方で動作します
  • 124の新しいPIC24 MCUモデル
  • 24 ARM MCUモデル
  • National Semiconductorsの250 +新しいオペアンプモデル
  • テキサスインスツルメンツの300 +新パワーマネージメント(SMPS)および他のICには、何百ものアプリケーション回路が搭載されています。
  • Analog Devicesの800 +新オペアンプモデル
  • Wüth Elektronikの1000以上の新しいインダクタモデル

TINA v9:

  • VistaとWindows 7の完全な互換性
  • マルチコアサポート
  • 分析速度とコンバージェンスの向上
    10コアで最大1倍、デュアルコアで15x、クアッドコアで20x
  • 高度な強力な Spice-VHDL混合モード解析
  • ARM 7、ARM 9、およびHCS08マイクロコントローラ、その他のSMPS ICモデル、リアルなADCおよびDACモデル、LCDディスプレイ、2色LED付きの拡張カタログ
  • 拡張MCUシミュレーション、USBおよびその他のモジュール
  • 回路が事前定義された目標出力値を生成できるように、回路パラメータを計算および設定するための設計手順をユーザーが実装できるProgrammable Design Tool。
  • 拡張フローチャートツール:PIC、AVR、8051、コードボックス、USART、外部割り込み処理
  • TINAのデザイン、モデル、ライブラリをWebから直接開いて保存する
  • インポート Spice Webから直接.CIRおよび.LIBファイル
  • TINA v7以降の以前のバージョンからライブラリ、デザイン、および例をインポートします。
  • 解析中にダイアグラムに解析結果を表示
  • 非常に大規模な回路でも、ダイアグラムの描画と処理速度が速い
  • ダイアグラムの表示メニューに新しいツールを追加
  • 解析結果をより効果的に保存し、スピードを犠牲にすることなく全回路の全解析結果を保存
  • 結果をさらに効果的に保存するためのパラメータ化可能な出力曲線フィルタ
  • 同じページで複数の図を閲覧するためのスクロールバー
  • 検索と注釈を付けるための新しいダイアグラムカーソルツール
    • ローカルおよびグローバル最大、最小
    • ゲイン余裕と位相余裕
    • ゼロ交差周波数
    • 水平座標と垂直座標
  • 組み合わせステッピングとパラレルステッピング、ステッピングケース(テストベンチ)を別々の図で表示
  • ダウンロードされたファイルからそして直接インターネットからの両方の半導体製造業者からのTINAへの部品の追加のためのより高度なツール
  • ポストプロセッサのノードリストに、関連マクロのマクロ名とローカルノード名が表示されるようになりました
  • 解析実行中にTINAメインウィンドウを最小化
  • 同じコンピューターで2つのTINAインスタンスを実行する
  • マルチレベルの階層型ERC メインサーキット、サブサーキット、またはサーキット全体を徹底的にチェックします。
  • ERCはフローティングノードを検出して表示します。 Spice サブサーキット
  • TINAのExamplesフォルダに簡単に戻るには、FileメニューのExamplesコマンドを開きます。
  • ファイルメニューの開くコマンドから.CIRファイルを開く
  • TINA ExamplesまたはUserフォルダを見つけやすくするためのOpenダイアログの新しい矢印ボタン
  • Examplesフォルダの下の更新された拡張例
  • TINA v7とv7およびv8との互換性のための、回路のTINA v9形式への変換
  • Viewメニューからの詳細な過渡統計
  • TINA v9がDesignSoftによってデジタル署名されました

PCB設計

  • フライス盤用の制御ファイルを作成するためのPCBデザインのGコードエクスポート
  • 拡張PCBフットプリントカタログ

TINA v8:

  • Vistaスタイルのインストールとフォルダスキーム
  • ビヘイビアビルディングブロック、非線形制御線源
  • 強力な SpiceMCUを含む-VHDLコシミュレーション
  • VHDLを生成する有限状態機械(FSM)エディタ
  • MCUを制御するためのフローチャートエディタおよびデバッガ(PIC MCU用のv8.0のみ)
  • 1回路に任意の数のMCU
  • PIC18、CANなどを含む拡張MCUカタログ
  • 過渡解析のための実行時間測定と統計
  • 回路図と図ウィンドウにハイパーリンクを追加できます。
  • 拡張半導体カタログ
  • Texas Instrumentsからの適用例
  • Labviewベースのバーチャルインストゥルメント
  • LabVIEWベースの仮想計測器を構築するためのインタフェース
  • Wave(.wav)ファイルを入力として使用できます
  • PCのマルチメディアシステムで計算波形を再生
  • 計算波形を* .wavファイルとしてエクスポート
  • 組み込みの例を開くためのファイルメニューの新しいOpen Examplesコマンド
  • 自動保存 調整可能な時間間隔で現在の回路図またはPCBデザインを保存
  • パラメータ追加可能性 Spice サブサーキット
  • 収束または不規則な回路問題に関連するコンポーネントまたはノードの検出
  • ライブラリー、プログラム、またはその両方のオンライン更新の可能性
  • 後処理式は回路図で保存され、後で編集可能
  • ライブ3Dブレッドボード(仮想3Dブレッドボード上に3Dパーツを使用して回路を表示およびアニメートする)
  • 実験室実験を準備し文書化するための3D仮想計器
  • 「ライブ」回路を備えた統合電子設計教科書(オプション)
  • Christophe BassoのSMPSデザインテンプレート(オプション)

TINA Design Suite v8 :(すべてのTINA 8機能とTINAの高度なPCBデザイナーを含みます)

  • 3Dディスプレイを含む「フレックス」PCBの作成
  • 丸い縁を含むあらゆる形状のPCBを作成
  • 埋め込み型およびブラインドビア
  • 拡張カタログ
  • 最適化自動ルーター
  • 距離測定ツール
  • PCBの外部に接続された部品を含む完全な3D回路の表示

TINA v7:

  • 内蔵VHDL解析およびVHDLインタラクティブモード
  • ユーザー定義のVHDLコンポーネント、その場で変更可能
  • VHDL、合成用デジタル回路のザイリンクスUCF生成、
    TINA FPGAボードを使用した配置配線およびプレゼンテーション
  • PICプロセッサを含むマイクロコントローラシミュレーション、およびASMデバッグ
  • 定常状態ソルバー
  • 加速を伴うSMPS(スイッチングモード電源)シミュレーション
  • ストレス(煙)分析
  • アクティブおよびパッシブフィルタ設計
  • 論理設計(真理値表、カルノー表、Quine-McClusky最適化、回路図作成)
  • 3Dコンポーネントプレビューをシングルクリック

TINA Pro 6:

  • 複数のプロジェクトを同時に開き、プロジェクト間でコピー&ペーストを使用する
  • 開いているプロジェクトで分析を実行
  • MS ScheduleおよびAccelとの衝突を回避するためのプロジェクトファイルの新しい(.TSC)拡張子
  • 後処理のためにすべての解析結果(ノードとコンポーネントの電圧と電流)を保存する
  • すべての分析結果に対応する強力なポストプロセッサ
  • 任意の2トランジェントまたはDC転送結果のXYプロット、たとえばv1(t)とv2(t)
  • 任意の数のパラメータに対するパラメータステッピング
  • リストによるパラメータステッピング
  • マルチパラメータ最適化
  • スケマティックエディタで線、円、円弧、および矢印を描く
  • スケマティックダイアグラムにフレームとタイトルブロックを追加する
  • フェーザ図
  • 電圧を表示する電圧矢印
  • ブリッジ、デルタ、ワイ(Y)などの回路の対角線
  • ホットキーを介してキーボードでコントロールスイッチ
  • ハイとローのロジックレベルを直接提供するスイッチ
  • 押しボタンスイッチ
  • 電線への故障挿入
  • 新しいモデルを追加するための改良されたLibrary Manager
  • マウスまたはを使ってインタラクティブモードでコンポーネント値を変更するための改善された方法
    ホットキーを介してキーボードで
  • コンポーネント値とラベルの表示を別々に制御する
  • 新しいコンポーネント:VCO、BSIM 3.3、通信回路、74121、74122、その他多数
  • 部品検索・一覧ツール
  • 高度なトラブルシューティングのための回路ファイルへの障害の埋め込み
  • オプションのVHDL解析